アイアイイスズ east

香川県高松市多肥下町1523-3

TEL087-864-5775

ダイヤモンドの基礎知識(4C)

ダイヤモンドを選ぶ国際品質評価基準“4C”


お二人にとって特別な贈り物となる婚約指輪。生涯を共にする婚約指輪(エンゲージリング)は、贈る方にとっても贈られる方にとっても満足のいく品質のものを選びたいものです。そのために、ダイヤモンドを選ばれる際の評価基準となる“4C”についてご説明いたします。

世界共通のダイヤモンド評価基準=4C


ダイヤモンドの品質を評価する基準としてG.I.A(米国宝石学会)が定めた“4C”という

品質評価の基準が現在国際的に使用されています。4Cとは、ダイヤモンドの品質を評価するための基準のことでCarat(カラット=重さ)Color(カラー=色)Cut(カット=輝き)Clarity(クラリティ=透明度)4つの要素を表す用語です。その4つの要素の頭文字を取って“4C”と呼ばれています。この4Cの組み合わせにより、ダイヤモンドの品質と価値を決定します。

Cut:カット 重さ


カラットは宝石の重さを測る際に使われる重量の単位を表すもので、1.0ct0.2グラムという定義があります。

Cの中ではその違いが最も分かりやすい基準となります。お客様のご希望に応じたカラット数のダイヤモンドをご用意いたします。

Color:カラー 色


カラーはダイヤモンドの色を表す評価です。婚約指輪に使用されるダイヤモンドはほとんどが無色(カラーレス)・ニアカラーレス(ほぼ無色)ですが、ほんの少しの色の差がダイヤモンドの価値に大きく影響します。無色のカラーを不純物のない本当に無色のダイヤモンドをD(最上位)とし、黄色味のあるZカラーまで23段階で評価されます。当店ではその中でも婚約指輪にふさわしい品質として、D・E・F・Gのカラー評価のダイヤモンドをご用意しております。

Clarity:クラリティ 透明度


クラリティはダイヤモンドの透明度を表します。ダイヤモンドは地球内部の地下深く、極度の高熱と圧力のもと形成されます。ですのでほとんどのダイヤモンドには内部に不純物などの内包物などが含まれます。自然界では欠点のない完璧なダイヤモンドはほぼ存在しないとされています。ダイヤモンドのインクルージョン(内包物)や表面の状態が10倍のルーペを使って観察し、11段階で評価する指標です。インクルージョンや外部にある特徴が少ないほど評価が高いとされています。当店ではFLVSクラスをご用意しております。

Cut:カット 輝き


カットはダイヤモンドの輝きを決める非常に大事な要素で、4Cの中で唯一人間の技術を評価したものです。ダイヤモンドの一番の魅力はキラキラとした美しい輝き。どんなに素晴らしいダイヤモンドの原石も、カットする職人の技術によって輝きの良し悪しは大きく変わります。カットは主にダイヤモンドを形作る比率を表すプロポーションとフィニッシュ(仕上げ)の要素である「ポリッシュ:研磨状態」「シンメトリー:対称性」の状態によって5段階評価されます。この3つの要素がすべて最高のエクセレント評価をされたものをトリプルエクセレント(3EX)と呼びます。

アイアイイスズでは厳選されたダイヤモンドを幅広く取り揃えております。国際的にも最も権威ある鑑定機関G.I.Aの鑑定書や国内鑑定機関の中でも厳格で権威のある中央宝石研究所(CGL)の鑑定書をお付けしております。

(一部ブランドエンゲージリングはブランド独自の鑑定書をお付けいたします。)