モーリス・ラクロア アイコン きらめく青が艶っぽい!新製品入荷

ブログを見ていただいております皆様こんにちは。

24時間TVを見ていて、そういえば小学生くらいの頃は24時間TV=夏休みも終わり。

みたいな感じで思ってたなと。ふと懐かしい気持ちになりました。

改めまして、香川県の時計店でアイアイイスズG-Time店のモーリス・ラクロア担当スタッフです。
 


 
さて相変わらず大人気のブランド、モーリス・ラクロア。

特に熱いアイコンシリーズより新作のクォーツモデルが入荷してきましたのでご案内いたしますね!

 

品番:AI1018-SS001-333-1

価格:税込み¥148,500

ケース直径:44mm

防水:10気圧防水

ケース素材:ステンレススチールケース

今や破竹の勢いで売れているアイコンシリーズですが、やはり青色の文字盤のタイプが最も良く売れております。

アイコンに関しては機械式モデルがよくピックアップされておりますが、クォーツモデルも手軽にアイコンの世界観を味わえるということで大きく評価を得ております。

さて今回の新製品なのですが、第一印象めちゃくちゃカッコいいなとw

基本的にはグレーの文字盤とかなり落ち着いた印象に見えますね。

そんな中でもインナーベゼルやクロノ針が青色になっています。

この少し入っている青、文字盤のグレーと上手く調和しておりめちゃくちゃカッコいいです。

クロノグラフの時計ってスポーティーな印象になりがちなところもあるんですけど、このモデルに関してはスポーティーかつドレッシーな印象です。

文字盤に施されたサンレイ仕上げだったり、若干の青の差し色だったり、、、。

このあたりの絶妙なバランスに関してはデザイナーさんのセンスをひしひしと感じます。

クォーツモデルですので、薄く重みもそんなにないのでビジネスシーンでも大いに活躍してくれそうです。

ジャケットの袖に収まってくれるのはビジネスマンからしても嬉しいところ。

腕周り16センチの私が着用してこんな感じです。

もちろん、風防は傷のつきにくいサファイアガラス、防水性能は10気圧防水と日常での使い勝手もかなりいいいです。

革ベルトも深めの青色と大人っぽい印象なのですが、モーリス・ラクロアのロゴマークだったり白のステッチ等も相まり単調になりすぎないいいアクセントに仕上がっております。

*ベルトのロゴには保護フィルムがついており、黄色に見える部分は通常モデルと同じく実際はシルバーですので予めご注意ください。

 

 

そしてこのモデルに関して私気づいたことがございましてですね。

ん??ってなってすぐにメーカーに確認したのですが

本来機械式モデルにしかついていないイージーチェンジャブルシステムがクォーツのこの子にもついていたんです!!

その時の気分次第ですぐにベルトの交換ができるという画期的なシステムなのですが、クォーツモデルに搭載されたのは今回が初とのこと。

なんとも嬉しい話でございます。

よりご使用の幅が広がりますね。

 

こんな感じでご紹介してきましたが、今回の新作クォーツモデルの中では個人的に一番好きかも、、。

あくまで個人の好みなんですけどw

その他にも店頭アイコンクォーツ充実しております。

是非、お時間ございましたらお立ち寄りくださいませ。

もちろん、ECでのご注文も受け付けております。
何か気になる点ございましたらご気軽にご相談くださいませ。

 

MAURICE LACROIX(モーリスラクロア) AIKON Chronograph 44mm(アイコン クロノグラフ 44mm) AI1018-SS001-333-1
価格: 148,500円(税込)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします