GARMIN 最強タフネスGPSウォッチ新作 ガーミン Instinct 2/2S(インスティンクト2/2S)
更新情報

2022年2月10日(木):公開

皆さんこんにちは。
ガーミンウォッチサロン アイアイイスズG-Time店の山本です

今回ご紹介させて頂きますのは、2022年の2月11日より発売開始となりますガーミンの最新スマートウォッチ「Instinct 2/2S(インスティンクト2/2S)」です

Instinct 2/2S(インスティンクト2/2S)はわかりやすく例えると、ガーミン版G-SHOCKと言っても過言ではない、アウトドアやスポーツシーンでの使用をメインとした方向けのシリーズになります。

見てもらうと一目瞭然ですが、アウトドアファッションにとてもマッチしたデザインで、めちゃくちゃカッコいい時計だと思います。
後ほど詳しくご紹介させて頂きますが、機能も格段に進化していて、さすがガーミン…!と改めて惚れ惚れしてしまう商品に仕上がっています。

アウトドア好きの方には特に、着けるだけでワクワクさせてくれる、そんな高機能スマートウォッチになります。

さっそくInstinct 2/2S(インスティンクト2/2S)の魅力について迫っていきたいと思います。

それではまずは、デザインとスペックについてご紹介していきます。

▼「文章よりも動画派!」という方はこちらをご覧ください▼

 

ソーラー充電性能

dualpower
Instinct 2/2S(インスティンクト2/2S)の一番のストロングポイントは、
ソーラー充電性能が大幅にアップした点です。

Instinct 2/2S(インスティンクト2/2S)では、「ソーラー充電対応のモデル」「ソーラー非対応モデル」があるんですが、ソーラー充電対応モデルでは、通知や健康管理といった一般的な使い方のスマートウォッチモードで、なんと無制限に充電なしで使用できるソーラー機能へと進化しました。

いや~、これには僕らも正直びっくりしています。

私も仕事で色んなメーカーのスマートウォッチを使用してきましたが、スマートウォッチを使う上で一番手間だなぁと感じるのは、やっぱり充電なんですよね。

寝る前に、スマホともう一つ、スマートウォッチにも充電用コードを差し込む。
充電しながらの状態では腕に着けて寝ることは難しいですから、そうなると睡眠管理なんて現実的ではありません。

ただ、GARMIN(ガーミン)は元々GPSのメーカーなので、例えば山の中で何日も歩くような場面で、しっかりとログを取り続けるために「どうすれば一回の充電でより長く使用できるか」という事を常に考えて製品開発を行っている、数少ないメーカーなんです。

アウトドアウォッチとして、この「ロングバッテリー機能を装備している」という事実は、GARMIN(ガーミン)最大のストロングポイントなんじゃないかなと、私は思っています。

勿論、毎日のランニングに使用されるなど、ガンガンGPSデータを利用する場合はちょっと別なんですけれども、、、

例えば、

  • スマートウォッチモード:最大 28時間 + 無制限 ※1
  • GPS + 光学心拍計:最大 30時間 + 18時間 ※2
  • バッテリー最長GPSモード:最大 70時間 + 300時間 ※2
  • Expeditionモード:最大 32日間 + 無制限 ※1
  • バッテリー節約ウォッチモード:最大 65日間 + 無制限 ※1

となっております。
本当にここ最近のスマートウォッチの進化は目覚ましいものがあるんですが、特にGARMIN製品の進化には、我々もいつも驚かされています。

※1 … 太陽光発電:1日中着用し、野外の50,000ルクスの条件下で1日3時間おいた場合
※2 … 太陽光発電:50,000ルクスの条件下で使用した場合

 

ケースサイズが2サイズに

続きまして、Instinct 2/2S(インスティンクト2/2S)のデザインを見ていきましょう。

今回Instinct 2/2S(インスティンクト2/2S)では、2つのケースサイズが用意されました。

インスティンクト2
インスティンクト2S

一つは従来からある45mmのケース径でこちらがInstinct 2(インスティンクト2)、
もうひとつは新しく追加されたケース径が40mmのモデルで、こちらがInstinct 2S(インスティンクト2S)になります。
SはおそらくスモールのSだと思うんですけれども、今回2つのケースサイズから選ぶことが出来るようになりました。

 

ケースサイズ45mm Instinct 2(インスティンクト2)

まずは45mmのInstinct 2(インスティンクト2)のデザインから見ていきましょう。
010-02627-41
正面から見るとこんな感じです。
アウトドアウォッチらしいスポーティなデザインですよね。

ケース横から見た画像
ケース横から見てみると、ベゼルが高くなっていて、ガラス盤が窪んでいるように見えます。
これは勿論ガラス盤を保護するための構造ですね。

ベゼルに高さをとっていて、なるべくガラス盤に傷をつけないように工夫でされています。
横から見てみるとそこまで分厚いわけではないので、着けた感じもかなり良い感じです。

インスティンクト2着画
インスティンクト2着画ベルト部分

私の腕周りは17cmですが、ベルトの穴の余りも十分ありますから、結構体格がよく腕もしっかりした方でも、問題なくお使いいただけるんじゃないかと思います。

また裏ぶたの部分に心拍センサーがついているのですが、今回の新製品より第4世代光学式心拍計に進化しています。

従来のモデルではセンサー数が4つだったんですが、今回のモデルより、センサーは6つへと増えております。
より精度が高く、安定したセンサーへとアップグレードしてるんです。

 

ケースサイズ40mm Instinct 2S(インスティンクト2S)

続きまして、今回新しく追加された40㎜ Instinct 2S(インスティンクト2S)をご紹介します。

こちらはおそらく女性をターゲットにした商品だと思いますが、スポーツの時などなるべく邪魔にならないサイズの方がいいと考えていらっしゃる男性の方にも良いかもしれません。

正直45mmでも大きすぎるという印象はありませんので、アウトドアで時計が邪魔になることはないんじゃないかなと思います。

男性がインスティンクト2Sを着用した場合
男性がインスティンクト2Sを着用した場合ベルト部分

実際に私が腕に着けてみるとラバーベルトがギリギリでしたが、腕周りのサイズが17㎝ぐらいまでの方であれば、まぁ選択肢にいれても大丈夫かなと思います。
女性が選ばれる場合、こういう華やかな色はランニングなんかでも映えそうですし素敵ですね。

女性スタッフに実際に着けてもらいました。サイズ感はこのようになります。
※女性スタッフの腕周りサイズは、12.5cmになります。

女性のインスティンクト2S着用画像
女性のインスティンクト2S着用画像寄り

実際に着けてみた感じでは、やはりInstinct 2(インスティンクト2)は男性向けサイズで、Instinct 2S(インスティンクト2S)は女性向けのサイズという印象です。

今後、ペアでInstinct 2(インスティンクト2)をご購入されるお客様も増えるんじゃないかなと思います。

010-02626-43
Instinct 2 Camo Edition
010-02626-43
商品ページを見る
010-02563-43
Instinct 2S Camo Edition
010-02563-43
商品ページを見る

例えば、カモフラ柄でさりげなくペアにしてみたり・・・

010-02627-45
Instinct 2 Dual power Surf Edition
010-02627-45
商品ページを見る
010-02564-43
Instinct 2S Dual power Surf Edition
010-02564-43
商品ページを見る

マリンスポーツを楽しむ趣味がある方にはサーフエディションのペア

010-02627-46
Instinct 2 Dual power
010-02627-46
商品ページを見る
010-02564-42
Instinct 2S Dual power
010-02564-42
商品ページを見る

明るい色合いで揃えるのも素敵ですよね。

 

ディスプレイの解像度がアップ

また、今回のフルモデルチェンジで、画面の解像度が大きくアップしました。
ガーミンの特徴であるロングバッテリーを実現するためには、電力をなるべく抑えれるディスプレイにする必要があるんですけれども、今回、非常に見やすく、シンプルで美しさを感じる解像度に進化しています。

それでは従来のインスティンクトと比較してみましょう。
実際に見比べてみると、画面が美しくなったのがよくわかります。

旧モデル旧モデル Instinct(インスティンクト)
128×128 pix(ピクセル)
新型新モデル Instinct 2(インスティンクト2)
176×176 pix(ピクセル)

と、このように変更されました。
見ていただいて分かるでしょうか。実際に操作してみた感じでは確実な進化を感じられました。ドット感がなくなってすごく滑らかで美しい文字になったと思います。
スマートウォッチは毎日使用される人も多いですから、液晶のグレードが改善されたのは、結構おススメなポイントじゃないかなと思います。

数値以上に実際の画像が美しく感じるのは私だけじゃないんじゃないかなと思います。

 

タフネス


アウトドアウォッチの基本はやっぱり「タフ」であることだと思うんですけど、インスティンクトシリーズは様々なフィールドで使用されることを想定して、100mの防水性をはじめ、高い耐熱性・耐衝撃性を兼ね備えています。

意外と知られていないのですが、この「タフネス」の試験基準としてガーミンが参考にしたのは、アメリカ国防総省の耐環境性試験であるMIL規格810Gなんです。
このミルスペックに準じた品質を持っているわけですから、やはり時計に対して、本当に高い安心感を感じます。

うちのお店でも、自衛官の方にご購入いただくことが実際にあるんですけれども、
「プロの方も認めて使っていただける唯一のスマートウォッチがガーミンにはありますよ」と言えるんじゃないかなと思います。

 

操作性


Instinct 2/2S(インスティンクト2/2S)は、現代のスマートウォッチの主流であるタッチパネル式ではなく、5つのボタンで操作を行います。
ボタン操作の場合、ある程度慣れが必要になるんじゃないかなと思いますが、Instinct 2/2S(インスティンクト2/2S)はなぜタッチパネル式ではないのか。

例えば雪山で手袋の上からの時計を操作出来たり、スポーツ中に汗や海水で画面がぬれても操作しやすいといったメリットがあります。こういったシーンではタッチパネルでの操作は難しいですからね。

Instinct 2/2S(インスティンクト2/2S)は、本格的なアウトドアシーンでの利用を前提としているからこそ、タッチパネル式ではなくボタン操作を採用しているということなんです。

 

アクティビティ

次はアクティビティ機能を見ていきましょう。

アクティビティ一覧

インスティンクト2インスティンクト2デュアルパワー
こちらがInstinct 2/2S(インスティンクト2/2S) Dual Powerのアクティビティ一覧になります。

トレイルランやラン、スポーツジムで使いますトレッドミル系、陸上競技上での屋内トラック、ウオーキングにハイキングに登山、自転車、屋内バイク、マウンテンバイク、スイミングは屋内、屋外、スキーやボード、屋内クライミングにボルタリング、クロスカントリースキー、カヤック、サップ、筋トレにヨガ、スポーツジム系が続いて、ボート、釣り、ハンティング、最後に新機能のゴルフとなります。

また今回よりVO2MAXに対応できるようになりましたので、ランナーの方にもおすすめです。

トレイルラン
ランニング
登山
マウンテンバイク
スキー
ボルダリング
カヤック
スポーツジム
ゴルフ

※写真イメージは一例です

 

Surf Edition / サーフエディション

インスティンクト2サーフエディションインスティンクト2サーフエディションデュアルパワー
サーフィンやタイドグラフ、フィッシング、ウィンドサーフィンやカイトボードなど、更にマリンスポーツが追加されているのが「サーフエディション」になります。
個人的な趣味でいうと、このサーフコレクションが一番楽しそうですね。

サーフィン
ウィンドサーフィン
カイトサーフィン

※写真イメージは一例です

 

Instinct 2 Tactical Edition / タクティカルエディション

インスティンクト2タクティカルエディション
ステルスモードやナイトビジョンモードといったミリタリーに必要な特殊機能が付いているのと、スカイダイビング用のジャンプマスター、そして、Tactical の新機能としては「キルスイッチ」があります。
これは緊急時の情報漏洩防止を目的に時計内データを全消去してオールリセットします。

本当に、マニアックな仕様です…!

こちらもマニアックなお話になるのですが、現在地の座標を、緯度経度だけでなく、1メートルオーダーで座標を示すことが出来る高精度なグリッドコード「MGRS」のデータも同時に表示できます。
タクティカルエディション機能
タクティカルのシリーズは軍用にチューンナップされた本格的な機能も素晴らしいんですけど、デザインもミリタリーらしく、独特のカッコよさがありますよね。
おそらく一番人気になるんじゃないかなぁ・・・そんな予感がしています。

 

ラインナップ

ラインナップリスト
 

Instinct 2 / インスティンクト 2 (ノンソーラー)

010-02626-40

こちらはケースサイズ45mm。
ノンソーラーモデルではありますが、1回の充電で、スマートウォッチモードなら最大28日間(約一ヶ月弱)の使用が可能です。

現在メーカーでの生産に遅れが生じており、初回入荷数が大変少ない状態となっております。入荷自体は確実にございますので、在庫状況が「お問い合わせ」となっている場合はぜひご連絡ください。
ご購入希望のお客様には、ご連絡をいただいた順に、入荷がありましたらお知らせさせていただくようにいたします。

 

Instinct 2 Dual Power / インスティンクト 2 デュアルパワー(ソーラー)

こちらはケースサイズ45mm。
こちらはソーラー充電対応モデルとなっており、1回の充電で、スマートウォッチモードなら、約28日間+無制限での使用が可能です。
無制限といってももちろん、野外50,000ルクスの条件下で1日3時間以上着用している場合に限られますが、さすがロングバッテリー。頼もしいですね!

  • Instinct 2 Dual Power 45mm
    010-02627-40
    ¥62,700(税込)

  • Instinct 2 Dual Power 45mm
    010-02627-41
    ¥62,700(税込)

  • Instinct 2 Dual Power 45mm
    010-02627-46
    ¥62,700(税込)

  • Instinct 2 Dual Power 45mm
    Tactical Edition

    010-02627-43
    ¥68,200(税込)

  • Instinct 2 Dual Power 45mm
    Tactical Edition

    010-02627-44
    ¥68,200(税込)

  • Instinct 2 Dual Power 45mm
    Surf Edition

    010-02627-45
    ¥68,200(税込)

現在メーカーでの生産に遅れが生じており、初回入荷数が大変少ない状態となっております。入荷自体は確実にございますので、在庫状況が「お問い合わせ」となっている場合はぜひご連絡ください。
ご購入希望のお客様には、ご連絡をいただいた順に、入荷がありましたらお知らせさせていただくようにいたします。

 

Instinct 2S / インスティンクト 2S (ノンソーラー)

こちらはケースサイズ40mm。ノンソーラーモデルです。
1回の充電で、スマートウォッチモードなら、最大21日間の使用が可能です。
45mmのインスティンクト2には劣りますが、1回の充電で3週間使用可能というのは、かなりストレスフリーで使用できるのではないでしょうか。

現在メーカーでの生産に遅れが生じており、初回入荷数が大変少ない状態となっております。入荷自体は確実にございますので、在庫状況が「お問い合わせ」となっている場合はぜひご連絡ください。
ご購入希望のお客様には、ご連絡をいただいた順に、入荷がありましたらお知らせさせていただくようにいたします。

 

Instinct 2S Dual Power / インスティンクト 2S デュアルパワー(ソーラー)

こちらはケースサイズ40mm。ソーラー充電対応モデルです。
1回の充電で、スマートウォッチモードなら、最大21日間+30日間の使用が可能です。

  • Instinct 2S Dual Power 40mm
    010-02564-40
    ¥59,400(税込)

  • Instinct 2S Dual Power 40mm
    010-02564-42
    ¥59,400(税込)

  • Instinct 2S Dual Power 40mm
    Surf Edition

    010-02564-43
    ¥64,900(税込)

現在メーカーでの生産に遅れが生じており、初回入荷数が大変少ない状態となっております。入荷自体は確実にございますので、在庫状況が「お問い合わせ」となっている場合はぜひご連絡ください。
ご購入希望のお客様には、ご連絡をいただいた順に、入荷がありましたらお知らせさせていただくようにいたします。

 

最後に

今回の『GARMIN Instinct 2/2S(インスティンクト2/2S) ガーミン最強タフネスGPSウォッチ』はいかがでしたでしょうか。
皆様のガーミン選びの参考になれば幸いです。

最後までご拝読頂き、誠にありがとうございました。

また、ご購入前にご質問がありましたら、メールでもお電話でも構いませんので、ぜひ私共までご連絡頂けましたらと思います。


購入前のお問い合わせはこちらから

087-873-2335 (受付時間 11:00~20:00)

 

この記事の監修者

山本 公一郎(ヤマモト コウイチロウ)
株式会社アイアイイスズ.HD
EYE-EYE-ISUZU G-Time店長

山本
香川県出身

大学を卒業後、外資系製薬会社MRを経て、アイアイイスズに入社。
20年以上のキャリアを持ち、スイスの高級機械式時計からG-SHOCKまで、腕時計に関する幅広い見識を持つ。
2019年より日本初となる、「ガーミンウォッチサロン」を同店舗内にてスタート。
時計専門家の視点から、スマートウォッチについても的確なアドバイスを行い、今に至る

店舗のHPはこちらhttps://eye-eye-isuzu.co.jp/gtime/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします