GARMIN FĒNIX 7(フェニックス7) & EPIX(エピックス) 完全ガイド 2022年発売!注目のガーミン最新モデル
更新情報

2022年1月20日(木):fenix7&epix最速レビューYoutube動画公開
2022年1月19日(水):公開

ガーミンの高機能モデルと言えば、「Fēnix(フェニックス)シリーズ」。
そのフェニックスシリーズより、待望の最新作が2022年1月に発売が決定いたしました。

その名も「 fēnix 7 & epix 」です。

ガーミンのフラッグシップモデルになりますので、ビジネスシーンはもちろん、スポーツやアウトドア好きを含めた全てのファンに満足して頂ける圧巻のパフォーマンスを誇ります。
また、オン・オフ問わず使用できる高級感あるデザインと素材をかね備えており、これひとつで全てのシーンを満足させる「ものすごいスマートウォッチ」なんです。

▼「文章よりも動画派!」という方はこちらをご覧ください▼
キャンペーンのご案内

アイアイイスズ Online Storeでは、現在GARMINくちコミキャンペーンを実施中!

対象商品をご購入の際「レビューをご投稿をいただいける」というお客様に保護フィルムをプレゼントしております。
新発売する fēnix 7 & epix も対象とさせていただいておりますので、シリーズ最新モデル fēnix 7 & epixをご検討の方は、レビュー投稿して保護フィルムを一緒に手に入れてください!

※数に限りがありますのでなくなり次第終了とさせていただきます

ガーミンレビューキャンペーン

 

fēnix 7 を使う人のイメージは?

平日にGARMINを使用するイメージ

『平日』
ビジネスシーンや日々の生活の中で便利に使える機能が多数搭載
仕事イメージ
通知機能・スケジュール
大事な連絡や一日のスケジュールをfēnixで受け取ることができるので、よりシビアに管理し、ビジネスチャンスを逃しません。
出張イメージ
地図 & ナビゲーション
旅先や出張先で役立つ、地図 & ナビゲーション機能が便利。
寝起きイメージ
睡眠スコア、Body Battery
睡眠スコアの計測や、心拍管理、消費カロリーやステップ数などを使った日常の健康管理をはじめ、ストレスレベルやボディバッテリーなど自分自身の状態をしっかりと管理できます。
garminpay
Suica対応のGarmin Pay
Garmin PayのSuicaを使えば電車に乗るのも、お買いものをするのも、対応するGarminウォッチとスマートフォンだけあればOK。日常生活でタッチレス決済が手軽に使えます。

 
プライベートタイムのトレーニング

『アフター5』
心拍数やステップ数を記録し、日々のトレーニングをサポート
アフター5のトレーニング
体力維持(ジムでの筋トレやランニング)
ジムでのワークアウトや、日々のランニングにおいてしっかりとデータを計測し、自身の体力アップに科学的に貢献してくれます。

 
休日の趣味のスポーツ

『休日』
休日の趣味のスポーツをサポートしてくれる機能のほか、
頑丈で防水性にも優れたGARMINはアウトドアシーンでもピッタリ

<アウトドア アクティビティ>

ゴルフ
ゴルフ
世界中で42,000以上のゴルフマップを搭載。
特に epix の美しい画面でのゴルフコースナビは秀逸です。
サイクリング
バイク / サイクリング
全国主要自転車道 約144本を収録した日本詳細道路地図をダウンロード可能。
※日本詳細道路地図 ダウンロード可能(別売)
登山
登山
すべてのサイズで、旺文社の山と高原の地図と等高線を組み合わせた登山用の特別な地図がダウンロード可能に。
※日本登山地形図 ダウンロード可能(別売)
スキー
ウィンタースポーツ
世界中の2,200以上のスキーマップを搭載

<アウトドア 愛好家>

キャンプ
キャンプ
タフなフェニックスは「週末はキャンプ」という方にもおすすめの一本です。

fēnix 7 & epixの基本機能

ウィンドサーフィン
100m防水 & 耐衝撃機能
本格的なスポーツやアウトドアでも安心してお使いいただけるタフさが魅力です。
ロングバッテリー
最大一ヶ月間使用可能のロングバッテリー
1回の充電で、スマートウォッチモードであれば、9日間から最大で31日間の使用が可能
※モデルによって、バッテリー稼働時間が異なります
GarminpayはSuica対応
Suica対応
Suicaや主要なクレジットカードを登録、お財布なしで決済を完了します。
音楽再生機能
音楽再生機能
最大2000曲をダウンロードして持ち運ぶことが出来ます。
進化した操作性
「ボタン操作+タッチスクリーン」
スポーツ等で誤動作防止に役立つボタン操作に、タッチスクリーンも搭載され、より使いやすさがアップしています。

fēnix 7 & epix 6つのラインナップ

ケースサイズは3種類

fēnix 7 & epix のケースサイズは全部で3つになります。

フェニックス7Sfēnix 7S
エピックスfēnix 7 & epix
(同じケースを使用しています)
フェニックス7Xfēnix 7X

 

fēnix 7 Series ラインナップ
fēnix7X Sapphire Dual Power
fēnix7
fēnix7 Sapphire Dual Power
epix & epix Sapphire
fēnix7S
fēnix7S Sapphire Dual Power

 

① fēnix 7X Sapphire Dual Power / フェニックス 7X サファイア デュアルパワー(ソーラー)

フェニックス7X 010-02541-47

フェニックス最大サイズで、直径が51㎜になります。
もちろん、バッテリー容量や、地図データや情報の見やすさなど、
大は小を兼ねるを、地でいくモデルです。

こちらの fēnix 7X のみ LEDフラッシュライトという懐中電灯が搭載されています。
山岳登山や、キャンプ場などのアクティビティで、使える特別な機能です。
赤色のライトは寝ている人を起こさず、自分だけ使えます。

LEDフラッシュライト機能

  • フェニックス7Xサファイアデュアルパワー 010-02541-31

    fēnix 7X Sapphire Dual Power
    010-02541-31
    ¥137,500(税込)

  • フェニックス7Xサファイアデュアルパワー 010-02541-43

    fēnix 7X Sapphire Dual Power
    010-02541-43
    ¥137,500(税込)

  • フェニックス7Xサファイアデュアルパワー 010-02541-39

    fēnix 7X Sapphire Dual Power
    010-02541-39
    ¥148,500(税込)

  • フェニックス7Xサファイアデュアルパワー 010-02541-47

    fēnix 7X Sapphire Dual Power
    010-02541-47
    ¥170,500(税込)

 

② fēnix 7 / フェニックス 7

フェニックス7 010-02540-04

fēnix 7メンズ向けのサイズで、直径が47㎜になります。
こちらは普段のビジネスシーンでもより使いやすいサイズといえます。

こちらの47㎜径のモデルには、3つのバリエーションがありますが、こちらの ノンソーラーのモデルがエントリーモデルになります。

  • フェニックス7 010-02540-04

    fēnix 7 (ソーラー非対応)
    010-02540-04
    ¥93,500(税込)

 

③ fēnix 7 Sapphire Dual Power / フェニックス 7 サファイア デュアルパワー(ソーラー)

フェニックス7サファイア 010-02540-43

スマートウォッチモードで、約22日間使用が可能なロングバッテリーが特徴です。
フェニックスがイメージする「ビジネスアクティブな人」に、最もおすすめのモデルです。

  • フェニックス7サファイアデュアルパワー 010-02540-29

    fēnix 7 Sapphire Dual Power
    010-02540-29
    ¥121,000(税込)

  • フェニックス7サファイアデュアルパワー 010-02540-46

    fēnix 7 Sapphire Dual Power
    010-02540-46
    ¥121,000(税込)

  • フェニックス7サファイアデュアルパワー 010-02540-43

    fēnix 7 Sapphire Dual Power
    010-02540-43
    ¥132,000(税込)

  • フェニックス7サファイアデュアルパワー 010-02540-48

    fēnix 7 Sapphire Dual Power
    010-02540-48
    ¥154,000(税込)

 

④ epix & epix Sapphire / エピックス & エピックス サファイア

エピックスサファイア 010-02582-15

fēnix 747㎜径のモデルにアモレッドデイスプレイが搭載されたモデル。

美しいディスプレイは、平日のオンタイムや、ゴルフ場でのMAPでその威力を発揮してくれます。美しいディスプレイを搭載した故に、バッテリーの持ちが通常の fēnix 7 と比べると短いのがデメリットですが、それでも、常時表示の状態でもスマートウォッチモードで約6日間使用できます。

サファイアガラスのモデルと、ノンサファイアの2タイプあります。
どちらもソーラー非対応となっております。

  • エピックス 010-02582-05

    epix (ソーラー非対応)
    010-02582-05
    ¥121,000(税込)

  • エピックスサファイアデュアルパワー 010-02582-15

    epix Sapphire Dual Power (ソーラー非対応)
    010-02582-15
    ¥132,000(税込)

 

⑤ fēnix 7S / フェニックス 7S

フェニックス7S

Sシリーズは最小サイズ42㎜のケース径になります。
女性や、スポーツ時での使用をメインとされる方向けの商品です。

最小サイズとはいえ、音楽データや地図データのダウンロードもしっかりと対応できますので、自身のライフスタイルに合わせて活躍してくれます。

  • フェニックス7S 010-02539-04

    fēnix 7S (ソーラー非対応)
    010-02539-04
    ¥93,500(税込)

  • フェニックス7S 010-02539-07

    fēnix 7S (ソーラー非対応)
    010-02539-07
    ¥93,500(税込)

 

⑥ fēnix 7S Sapphire Dual Power / フェニックス 7S サファイア デュアルパワー(ソーラー)

フェニックス7Sサファイア 050-02539-52

こちらは42mmにソーラー充電サファイアガラスを搭載したモデルです。
ユニセックスとして使用できるモデルデザインの良さも魅力です。
1回の充電で、スマートウォッチモードなら、約14日間(2週間)の使用が可能です。

  • フェニックス7S 010-02539-48

    fēnix 7S Sapphire Dual Power
    010-02539-48
    ¥121,000(税込)

  • フェニックス7S 010-02539-52

    fēnix 7S Sapphire Dual Power
    010-02539-52
    ¥121,000(税込)

前モデル fēnix 6 と fēnix 7 の比較

何が変わった?新旧比較
スマートウォッチが新型にモデルチェンジした際には、地図の精度が高くなったり、より正確な位置情報を知ることができたり、心拍センサーの性能が向上したりといった『基礎機能のバージョンアップ』は当たり前に行われています。
ここでは、前モデル fēnix 6 と、新モデル fēnix 7 で大幅に改良された点や、追加された新しい機能をご紹介させて頂きます。

(例えば、心拍センサーは4つ⇒6つに変更されています)

デザインの変化

まずはデザインから見ていきましょう。

サイズ感の比較

ケースの大きさに関しては、fēnix 6 と並べて比較すると分かりやすいのですが、ほぼ、同サイズになります。

より細くなったベゼル

またソーラー充電は、ガラス盤を使って行われているのですが、太陽電池の面積を増やすために旧モデルと比較するとベゼルが細くなっています。

耐久性を上げるために「メタルボタンガード」メタル強化ラグを今回から採用しており、細くなったベゼルと相まって、非常にクールでスタイリッシュな印象です。

そして、fēnix 6 ではボタン操作のみでしたが、今回のバージョンアップで、ボタン操作+タッチスクリーンに対応しました。
スポーツアクティビティ時の誤動作を防ぐためのボタン操作と、タッチスクリーンが組み合わさったことで、より直感的に扱うことが出来ます。

ソーラー充電性能が大きく向上

ガーミンのソーラー機能

ソーラー機能を確認してところ、従来の fēnix 6 と比べると、
ソーラー充電機能が大きく向上しています。

fēnix 6X のスマートウォッチモードでは
約21日間(通常充電)約3日間(ソーラー充電) でしたが、

fēnix 7X のスマートウォッチモードでは、
約28日間(通常充電)約9日間(ソーラー充電) と、
ソーラー充電は従来より大きく向上しました。

また従来のソーラーガラスは通常のガラスでしたが、今回からサファイアガラスに進化しましたので、耐久性もより高まりました。

※屋外にて1週間の間、毎日3時間50,000ルクスの光を当てると、合計約24時間分(スマートウォッチモード)での充電が可能

AMOLEDディスプレイ搭載

より美しいカラー表示が魅力のAMOLEDディスプレイ

こちらは epix のみになりますが、フェニックスのデザインで初めて、美しいカラー表示のAMOLED(アモレッド)ディスプレイを搭載したモデルが登場しました。

※AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)とは、表示素子に有機発光ダイオード(OLED)を利用する有機ELディスプレイの一種で、駆動方式にアクティブマトリクス方式を用いるもの。

地図のダウンロード

後から追加ダウンロードが可能になった地図データ

fēnix 6 では、地図データはすでに製品にインストールされていましたが、fēnix 7 ではトッピングのように後から追加ダウンロードできるようになりました。

新たに世界地図が追加されたのと、日本詳細道路地図、日本登山地形図が全てのサイズで別売りにてダウンロードが可能になりました。

その他 基礎機能の変更点

第4世代光学式心拍計で精度が向上

心拍数とボディバッテリー

精度をより高めた6つのセンサーは24時間を通して心拍変動をモニタリングしてくれます。(fēnix 6 は4つのセンサーでした)

Firstbeat(ファーストビート)の分析と共に様々な指標を提供してくれ、数値による体の状態を把握することで、更なるパフォーマンス向上へとつなげることが出来ます。

[ Firstbeatとは ]
スポーツ、健康・フィットネス分野の生理学分析のリーディングプロバイダーである、FirstbeatAnalytics 社が提供するサービス。2020年より、ガーミングループの傘下に。20年間蓄積した10万を超える心拍変動のビッグデータからデータベースを開発し、スポーツパフォーマンスから、睡眠やストレス、消費カロリーといったヘルスケアまで科学的なデータ分析が可能です。
世界中のトップアスリートがその科学的に立証されたデータを信頼し、パフォーマンス向上に役立てています。

マルチGNSSマルチバンドでより正確な測位

L1 信号とL5 信号の2 周波数帯の受信を可能にするGNSS マルチバンドで、高層ビルが立ち並ぶ都市部や複雑な地形環境下でも精度の高い測位を実現してくれます。

UIデザインの改善

文字が半角から全角になり視認性が向上しました

半角から全角になったことで文字が読みやすくなりました。

fēnix 7 シリーズの中でもおすすめなのは・・・

これまで様々なGARMIN製品を販売 & 実際に自信でも使用してきた私、山本が選ぶオススメ fēnix 7 は、、、

抜群の性能を持つ、最上位機種

fēnix 7X SAPPHIRE DUAL POWER
4つのバリエーションからお選びいただけます。
フェニックス7Xサファイアデュアルパワー 010-02541-31

fēnix 7X Sapphire Dual Power
Ti Carbon Gray DLC / Black

010-02541-31
¥137,500(税込)

フェニックス7Xサファイアデュアルパワー 010-02541-43

fēnix 7X Sapphire Dual Power
Ti Black DLC / Black

010-02541-43
¥137,500(税込)

フェニックス7Xサファイアデュアルパワー 010-02541-39

fēnix 7X Sapphire Dual Power
Ti / Chestnut Leather Band

010-02541-39
¥148,500(税込)

フェニックス7Xサファイアデュアルパワー 010-02541-47

fēnix 7X Sapphire Dual Power
Ti Carbon Gray DLC / Carbon Gray DLC Vented Titanium Band

010-02541-47
¥170,500(税込)

 
今回、fēnix 7X は、ソーラーの1機種に統一されました。
スマートウォッチモードで最大37日間、音楽を聴きながらGPSを使用した場合でも、16時間対応になります。
また、新たに追加されたレッドフラッシュライトは、暗い時間のアクティビティ中でも安全性を確保しやすく、用途が広いこともポイントです。

 

最後に

今回の『fēnix 7 完全ガイド』はいかがでしたでしょうか。
皆様のガーミン選びの参考になれば幸いです。

最後までご拝読頂き、誠にありがとうございました。

また、ご購入前にご質問がありましたら、メールでもお電話でも構いませんので、ぜひ私共までご連絡頂けましたらと思います。


購入前のお問い合わせはこちらから

087-873-2335 (受付時間 11:00~20:00)

 

この記事の監修者

山本 公一郎(ヤマモト コウイチロウ)
株式会社アイアイイスズ.HD
EYE-EYE-ISUZU G-Time店長

山本
香川県出身

大学を卒業後、外資系製薬会社MRを経て、アイアイイスズに入社。
20年以上のキャリアを持ち、スイスの高級機械式時計からG-SHOCKまで、腕時計に関する幅広い見識を持つ。
2019年より日本初となる、「ガーミンウォッチサロン」を同店舗内にてスタート。
時計専門家の視点から、スマートウォッチについても的確なアドバイスを行い、今に至る

店舗のHPはこちらhttps://eye-eye-isuzu.co.jp/gtime/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします